アルブチン

化粧品に含まれる美白成分の一つ。

本来のアルブチンは、コケモモやウワウルシ(クマコケモモ)、西洋ナシの葉や皮から抽出される天然成分ですが、糖とハイドロキノンを化学合成してつくることができます。

 

タグ

カテゴリー:, 化学成分用語

アダパレン

ニキビの特効薬で、レチノイン酸と同様な効果があるにもかかわらず刺激はレチノイン酸よりも弱く、使いやすいとされているものです。

日本でも認可審査中で、近いうちに皮膚科で使えるようになるといわれています。

 

タグ

カテゴリー:, 化学成分用語

アスコルビン酸リン酸エステル(リン酸型ビタミンC)

正式にはL-アスコルビン酸-2-0-モノリン酸塩といいNg塩、Mg塩、MgZn塩、K塩等が知らせています。

ビタミンC誘導体の中でも特に人間の皮膚でもっともビタミンCに変換されやすいという特徴があるため、古くから化粧品の美白剤として3%以下の濃度で使われてきました。

 

タグ

カテゴリー:, 化学成分用語

アスコルビン酸誘導体

ビタミンCの安定型化合物のこと。

リン酸型、グルコシド型、イソパルミチン酸型などが有名。

 

タグ

カテゴリー:, 化学成分用語

アスコルビン酸グルコシド(グルコシド型ビタミンC)

L-アスコルビン酸にブドウ糖という糖を結合させた誘導体。

アスコルビン酸-2-グルコシドともいいます。

極めて安定な誘導体なため化粧品原料として幅広く利用されています。

 

タグ

カテゴリー:, 化学成分用語

アスコルビン酸イソパルミテート

VCIP、テトラヘキシルデカン酸アスコルビルともいいます。

アスコルビン酸にオイルの一種であるイソパルミチン酸を結合させ、ビタミンCをオイル状にしているので、保湿力が大幅にアップしています。

 

タグ

カテゴリー:, 化学成分用語

アスコルビン酸

ビタミンCのこと。

アスコルビンには、壊血病を予防する因子という意味があります。

壊血病は、細胞と細胞をつなぐ接着因子であるコラーゲンの合成ができなくなり組織のいたるところから出血して死に至る病です。

 

タグ

カテゴリー:, 化学成分用語