カモミラET

カミツレという植物から抽出された美白成分。

カミツレはヨーロッパ原産で古くから薬用の目的で栽培されているキク科の二年草です。日焼けによってシミ、ソバカスができるプロセスを簡単に説明すると、紫外線を浴びることによって表皮細胞で情報伝達物質エンドセリンが色素を生成する、ということになります。

 

タグ

カテゴリー:, 化学成分用語

カキョクエキス

中国北部に生息するバラ科の植物、カキョクの真紅の実から抽出され、メラニンの過剰生成を抑制することから美白効果があるとされています。

カキョクエキスにはヒスタミンの働きを抑える作用があるようです。

 

タグ

カテゴリー:, 化学成分用語

カイネチン

植物成長ホルモンの一種。

広葉樹から抽出される抗酸化成分で、植物細胞の老化を抑制し、増殖を促し、その生命を長く維持させる働きがあります。

 

タグ

カテゴリー:, 化学成分用語