エルビュムガラスレーザー

表皮にダメージを与えることなく真皮に働きかけてコラーゲンを再生する、という新しいタイプのレーザー治療が、エルビュレムガラスレーザーです。

アンチエイジングケアのひとつとしてレーザー治療が注目を集めていますが、そのメカニズムは、肌の奥深くをレーザーで刺激してコラーゲンやエラスチンを生成する繊維芽細胞を活性化させ、徐々に新しいコラーゲン、エラスチンを作らせることで、張りや弾力を蘇らせ肌表面のシワなどを改善させる、というものです。

 

タグ

カテゴリー:, 化学成分用語

エラスチン

真皮層の中でコラーゲンに網目状に絡み、コラーゲン繊維同士を結びつけて、皮膚の張りや弾力を生み出し、維持しているのがエラスチンです。

 

エラスチンは、弾力繊維の別名を持つほど、皮膚の弾力のためには大切な存在。

伸びたり縮んだり伸縮自在な性質を持っており、ベッドのスプリングのように、押しても元に戻る張りのある皮膚を支えているのです。

 

タグ

カテゴリー:, 化学成分用語

エラグ酸

植物のフラボノイドの一種で、美白成分の一つとして知られています。

最初はイチゴの成分として発見されましたが、イチゴに含まれているエラグ酸は非常に微量なため抽出が困難で、天然エラグ酸の多くは、南米ペルーに生息するマメ科の植物タラの実から抽出されているものもあります。

他にザクロやラズベリー、ブラックベリー、ナッツ類などにも含まれていることがわかっています。

ザクロのサプリメントなどもすでに発売されています。

また天然成分以外に合成のエラグ酸もあり、そちらが使われている化粧品もあります。

 

タグ

カテゴリー:, 化学成分用語

Nライトレーザー

Nライトレーザーは、特にシワ取りに効果を発揮するレーザー機器として知られています。

Nライトレーザー治療は、シワに弱い熱線を照射して皮膚にごく軽いやけどのような炎症を起こさせ、真皮のコラーゲン合成を高め、シワを改善するという方法。

コラーゲンの増加によって皮膚は張りを取り戻し、シワも自然に取れるというわけです。

特に小じわやちりめんジワに対しては優れた効果をあげています。

 

タグ

カテゴリー:, 化学成分用語

AHA

「アルファ・ヒドロキシ・アシッド」の頭文字で、α-ヒドロキシ酸類の略記号。

α-ヒドロキシ酸は、サトウキビ、ヨーグルト、りんごなどに含まれて自然界にも存在する酸で、ピーリング作用があり、病院などで行われるケミカルピーリングに使われています。

 

タグ

カテゴリー:, 化学成分用語