2010年11月の記事一覧

グラブリジン

マメ科のカンゾウ(甘草)またはその同属植物の根から抽出した油溶性のエキスを、油溶性甘草エキスといいますが、その主成分がグラブリジンです。

甘草エキスの水溶性成分、グリチルリチン酸とは別のものです。

刺激緩和や解毒の目的で使用される生薬としても知られるカンゾウには、油溶性のグラブリジン、グラブレン、水溶性のグリチルリチンなどの有効成分が含まれているのです。

 

タグ

カテゴリー:, 化学成分用語