2009年12月の記事一覧

クジンエキス

クジンという植物から抽出されるエキスで、メラニン色素をつくる細胞を刺激するホルモン(α-MSH)を抑制する作用があるといわれています。

保湿、美白、日焼け予防や、血行促進、抗菌、収れんなどの作用があるとされています。

クジンは、漢方の世界では古くから知られる薬で、日本や中国の山野に広く分布するマメ科の多年草、クララから作られます。

クララは別名眩草とも呼ばれ、口にすると目もくらむほど苦しいことから、その名がついたといわれています。

 

タグ

カテゴリー:, 化学成分用語